No.20

個人で礼拝を守るにあたって

〇 黙想をし、心を鎮め、聞く思いを整えて始めましょう

〇 ざんげをし、憐れみと愛を慕いもとめる思いを持ってみ言葉を聞きましょう。

〇 この原稿にも聖書本文が記されていますが、できれば自分の聖書を開き、必要な時に前後の聖書の流れを見られるようにしておきましょう。

2020年9月20日(日) 聖霊降臨後第16主日

マタイ福音書20章1~16節 「 本当の平安 」 吉田達臣

20:1 「天の国は次のようにたとえられる。ある家の主人が、ぶどう園で働く労働者を雇うために、夜明けに出かけて行った。2 主人は、一日につき一デナリオンの約束で、労働者をぶどう園に送った。3 また、九時ごろ行ってみると、何もしないで広場に立っている人々がいたので、4 『あなたたちもぶどう園に行きなさい。ふさわしい賃金を払ってやろう』と言った。5 それで、その人たちは出かけて行った。主人は、十二時ごろと三時ごろにまた出て行き、同じようにした。6 五時ごろにも行ってみると、ほかの人々が立っていたので、『なぜ、何もしないで一日中ここに立っているのか』と尋ねると、7 彼らは、『だれも雇ってくれないのです』と言った。主人は彼らに、『あなたたちもぶどう園に行きなさい』と言った。8 夕方になって、ぶどう園の主人は監督に、『労働者たちを呼んで、最後に来た者から始めて、最初に来た者まで順に賃金を払ってやりなさい』と言った。9 そこで、五時ごろに雇われた人たちが来て、一デナリオンずつ受け取った。10 最初に雇われた人たちが来て、もっと多くもらえるだろうと思っていた。しかし、彼らも一デナリオンずつであった。11 それで、受け取ると、主人に不平を言った。12 『最後に来たこの連中は、一時間しか働きませんでした。まる一日、暑い中を辛抱して働いたわたしたちと、この連中とを同じ扱いにするとは。』13 主人はその一人に答えた。『友よ、あなたに不当なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。14 自分の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。15 自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか。』16 このように、後にいる者が先になり、先にいる者が後になる。」

  今日の箇所は、イエスさまのたとえ話ですが、多少理不尽な話です。あるブドウ園の主人が、収穫の季節になったのでしょうか、夜明けごろから労働者を探します。広場に立っている人に、1日1デナリオンの約束で雇います。9時にも雇い、12時にもさらに雇い、3時にも、5時も新しく雇う。夕方になり、その日の仕事は終わり、後からきた人から順に賃金を払っていく。みると、夕方5時から来て、ほんの少ししか働いていない人が1デナリオンもらっていく。朝からずっと働いた人はもっともらえるだろうと思っていると、同じ1デナリオンしかもらえない。そこで文句を言う。5時から少し働いた人と、朝からずっと働いた自分と、なぜ同じ賃金なのかと。しかし、主人は言います。約束通り払った。この賃金は主人のお金。自分のお金を自分のしたいようにして何が悪い。わたしの気前の良さをねたむのか、そう言い返しています。
確かにこの主人、朝から働いた人にはっきり、1日1デナリオンの約束をし、労働者もそれで納得して、1デナリオン約束通りもらっています。それでも、やはり、腹が立つ。どこに腹が立つのか、それは約束を破られたからではなく、自分より幸運な目にあっている人を見たからです。
私自身、この罪が本当に小さくならない。自分が決して恵まれていないわけではない、でも明らかに、自分より幸運な目にあっている、自分より恵まれている人を見ると、腹が立つ。
コロナのせいで、今年就職活動をする人たちは大変だといいます。すでに内定が出ていながら、取り消しになった人もいるといいます。来年はもっと悪いという話もあります。以前バブルがはじけた後、就職氷河期と呼ばれる時期がありました。そこで正規雇用の就職ができなかった人は、今も非正規のままの人が多いと聞きます。たまたま、自分が就職活動をする年が、どんな年かで人生が変わっていきます。
私たちはそれぞれ、それなりに頑張って生きています。みんな必死で生きている。努力しています。でも、それ以上に、偶然に左右されます。私たちは、生まれる時代を決めることはできません。生まれる国も選べない。親も、育つ環境も選べない。もし恵まれていないとすれば、それはたまたまです。もし恵まれているとしても、それもたまたまです。
コロナのせいで、あまり左右されない職種もあれば、コロナの影響で大きく影響を受ける職種もあります。どこに違いがあったのか、それは全てたまたまです。今まで恵まれていても、思いもかけないことで、人生が変わっていく人もいます。
私たちは自分がたまたま恵まれており、幸せだったとしても、それで平安は得られません。それがたまたまであって、いつそれが反転するか分からない危うさを、どこかで感じているからです。もしかして、本当の平安は、どんなにつまずいても、どん底に落ちたとしても、それでも最低限の幸せが守られる、そんな国が実現するとき、神の国が実現するのかもしれません。
全ての人が幸せになる時、私たちは平安が得られます。今日から祈りに加えてほしい、すべての人が幸せになるように。そう祈れた時、夕方からわずかしか働いてない人が今日の夕食を手に入れられる賃金をもらっているのを見て、腹を立てるのではなく、喜ぶ気持ちが与えられるでしょう。
神さまは、気前がいいんです。徴税人や罪人にも、あなたと変わらない恵みを与えようとされる方です。あなたがどんなにダメになっても、変わらない愛と恵みを約束してくださいます。足を引っ張り合うのはやめ、神さまの気前のいい御旨が果たされることを祈って、新しい一週間を始めましょう。